若い社員からのメッセージ

北関東秩父コンクリート株式会社は具体的にどのような仕事をやっている会社なのでしょうか。 先輩たちはどのような仕事をやっているのでしょうか。

仕事内容やこの会社での仕事の魅力、職場の雰囲気と、今後の抱負を語ってもらいました。

新井 淳也(箕郷工場 試験グループ・2015年入社)

私の主な業務内容は、現場で採取してきた供試体の脱型や圧縮強度試験などです。工事現場に行き、現場で打設する生コンのスランプ、空気量、コンクリート温度なども試験しています。

この仕事の魅力は、自分たちの生活に関わる橋などの土木構造物をはじめ、ビルや家屋などの建築物の基礎となる重要な材料を提供し、しっかりとした試験結果をだしていくことです。

工場の雰囲気はとてもよく、上司の方や先輩も打ち解けやすく、わからないところがあればすぐに教えてもらえるので、毎日とても楽しく仕事をさせてもらっています。

日々の業務をしっかりとこなしながら、来年のコンクリート技士の資格取得に向けて、全力で勉強に取り組みたいと思います。

高橋 渉(新治工場 試験グループ・2014年入社)

私の主な仕事は、圧縮強度試験、現場での品質試験です。

現場試験では試験技術の向上と、現場施工者の方々とのコミュニケーションを図り、人間性を高めることに努力しています。

工場においても、工場長をはじめ上司の方々に様々なことを指導され、毎日が勉強になっています。

今年はコンクリート技士試験に挑戦しますが、生コンクリート工場に勤務している以上、資格取得は当たり前という気持ちで取り組んでいきます。

服部 蒼羅(安中工場 試験グループ・2014年入社)

試験係としての主な仕事は、テストピースの脱型、圧縮強度試験、工場と現場でのスランプ、空気量などの試験をしています。その他にも、工場での場内整備作業の手伝いや様々な作業をしています。

コンクリートは様々な建物の基礎となる重要な役割があるので、そのコンクリートの品質管理をできることや、実際に自社の生コンで造られた建築物などの完成した姿を見て達成感を得ることができるのも、この仕事の魅力だと思います。

全社5工場ありますが、どの工場もとても雰囲気が良く、わからないことがあっても親身になって丁寧に教えてくれます。

自分自身の今後の抱負としては、入社3年目に入り、コンクリート技士試験を控えているので、勉学に励み一発合格を目指して頑張りたいと思います。

林 翼(桐生工場 試験グループ・2014年入社)

私は、入社研修後試験係に配属されました。原材料や生コンクリートの品質管理をはじめ、顧客から依頼された受け入れ検査や、配合計画書の作成などを担当しています。

「毎日同じことを繰り返しやる仕事ばかりだな。」というのが最初の印象でした。しかしこの業務は覚えることが多く、少しずつ経験を重ねていくうちに、自分が何をすべきか、どう考えどう行動すればいいのか判断がつくようになり、仕事がスムーズに進むようになりました。それが今ではやりがいとなっています。

職場は、優しくて明るい人たちばかりなので、私は笑顔が絶えない日々を過ごしとても充実しています。また、仕事に対して真剣に取り組み、しっかりとこなしていく方々をみて尊敬しています。

今後は、コンクリート技士、主任技士、診断士などの資格取得を目指して技術、知識を身につけ、社会に貢献できる技術者になりたいと思っています。

採用に関するお問い合わせ

北関東秩父コンクリート(株)本社 総務部 採用担当係

  • TEL:027-345-1770(直通)
  • FAX:027-345-1787
  • 群馬県高崎市倉賀野町4741 〒370-1201
  • お問い合わせページも ご利用いただけます